*

スズキ アルトへこみ修理事例

みなさんこんにちは。鈑金のモドーリー伊藤です。

今回はスズキ アルトのバックドアキズへこみ修理の一部作業をご案内します。パネル中央下にキズへこみがあります。今回はこちらのキズへこみを直していきます。

まずは周辺パーツのバンパーやドアハンドルなど取り外します。へこみの修理は表から引き出したり又はパネル裏から押し出したりしますが今回は表から引き出す修理方法で作業していきます。まずはサンダーで塗膜を削り鉄板部分を出していきます。

へこみを引き出すのにスタッド溶接機(パネル表面にピンやワッシャを溶接させる機械)という機械を使用します。こちらは先端部(ゴールドの棒)をへこみ箇所に押し当て溶接させたらシルバーの取手をスライドさせた勢いで引っ張り上げて修理する道具です。この作業を何度か繰り返しへこみが出てきたらハンマリングを行います。車の車種や損傷箇所によってもへこみも様々でワッシャを使用して一度に引っ張り上げる方法も事もあります。

引き出し作業が終えてもパネル表面は凸凹しているため表面を平らにするためパテ(粘土のようなもの)を使います。凸凹した所にパテをしっかり塗り乾燥させた後再度サンダーや手研ぎペーパーでパテ研磨します。こちらも鈑金作業と同様に手の感覚が非常に重要となりパテを付けては削りいろいろな角度で触りながら仕上げていきます。作業が終えたら次はサフェーサー(塗料の吸い込み防止や密着効果を上げる)の塗装を行います。塗装前の下地処理作業となります。

塗装前の準備が完了したら塗装に移っていきます。車全体にビニールにて養生を行いマスキングします。塗装ブース(塗装作業を行う部屋)にて塗装を行い塗りあがったら乾燥が終わるまでしっかりと塗装ブースの中で乾燥させます。

乾燥完了後組付け作業を行い作業完了完成となります。

今回はアルトのバックドアパネルの鈑金修理をご紹介しました。キズへこみ等でお困りの方や事故による修理のご要望の際は鈑金のモドーリーにお任せください 専門スタッフによる修理方法のご提案 各保険会社への連絡等幅広くご対応させていただいておりますのでご安心ください

ぜひご来店お待ちしております。

The following two tabs change content below.
豊田梅坪店車検のコバック
愛知県豊田市梅坪町で鈑金専門店『鈑金のモドーリー』として地域の方々を始め皆様に可愛がられてきましたが、この度『車検のコバック』と『鈑金のモドーリー』の複合店として新たに2015年9月25日OPENしたお店です。車検・鈑金(車のキズ修理)はもちろん自動車保険、一般修理、タイヤ、オイル、バッテリー、洗車等も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動