*

「車の汚れ」黒い点(ピッチ・タール編)

みなさん、こんにちは鈑金のモドーリーの南です。

今回は「車の汚れ」シリーズ第3弾「黒い点」編です。

 

みなさん洗車しているとボディの下の方に着いた「黒い点」を見た事ございませんか?普通に洗車しても全く落ちない汚れです。ボディに固くこびりついている感じです。

どうして洗車をしても除去することができないのでしょうか?

 

汚れの正体とはどのようなものなのでしょうか。詳しく確認していきましょう。

ボディの下の方に付いている黒い点はピッチやタールと言われます。これは、舗装直後のアスファルトや真夏の炎天下によって柔らかくなったアスファルトが付着したものです。

もともとアスファルトは砂利などをコールタールと言われる油性の液体で固めて作られていますが、これがボディに付着して黒い点となっているのです。

つまり、走行中にタイヤが巻き上げたアスファルトの粒子と考えていただければいいでしょう。そのため、ボディの下側に付着しやすくなります。例えば、タイヤの周囲やボディの側面、フロントバンパー周囲などです。

ピッチやタールは油性の頑固な汚れになりますので、石油系溶剤を使うのが効果的です。カー用品店ではピッチタールクリーナーとして販売されています。他に用意するものは、拭き取り用のクロスだけです。それでは、具体的な手順を確認していきましょう。

 

  • 泥や砂、ホコリを洗い流す

ピッチやタールを除去する前には、ボディについている泥や砂、ホコリなどを洗い流してください。洗車傷の原因になるからです。

ガラスコーティング車ならホースや高圧洗浄機などで洗い流すだけでもいいでしょう。これでは汚れが落ちない場合には、洗車スポンジなどで軽く洗い流して下さい。

 

  • ピッチタールクリーナーをスプレー

ピッチタールクリーナーは、スプレータイプのものや液体タイプのものがあります。それぞれの使用方法を確認して、汚れに塗布していきましょう。簡単な汚れならすぐに落ちてしまうでしょう。汚れがしつこい場合には、使用方法に応じて塗布後に時間を空けてください。

 

  • 拭き取り、洗い流し

クリーナーの種類によって、塗布後に乾いたクロスで拭き取ったり、そのまま洗い流すものがあります。事前に使用方法を確認しましょう。

最後にしっかりとクリーナーをすすぎ流してください。すすぎ残しはシミや塗装が変色する原因になるからです。クロスなどで水分をふき取ったら作業終了です。

 

「ピッチ・タール」を除去する時に注意するべき3つのこと

①コーティング施工車は安易に手を出さない!

まず、ディーラーやコーティング業者でコーティングをされている車の場合には、今回の方法を行うことで保証対象外となってしまうことがあります。必ず保証内容をチェックしてください。

また、コーティングは定期的なメンテナンスを行うことで効果を維持することができます。もし、コーティングをしてから時間が経っている場合には、メンテナンスをしてもらう必要があるかもしれません。

メンテナンスには費用がかかりますが、コーティング効果を維持することができますし、「黒い点」汚れについても除去してもらうことができます。

メンテナンスをしていない場合や汚れがひどい場合には、施工業者に相談してみるといいでしょう。業者に依頼しなかったとしても汚れの種類を見分けることができます。その後に、今回ご紹介した除去方法を行えば、効果的に除去することができます。

 

強引な作業は厳禁!

汚れが付着してから時間が経過している場合には、今回の方法でも簡単に除去できないことがあります。このような場合でも、無理に、こすり落とそうとしたり、何度も同じ場所にクリーナーを使わないようにしましょう。強引に作業を進めても汚れは落ちませんし、傷ができたり塗装にダメージを与えてしまうからです。

 

③どうしても落ちない場合にはポリッシャー磨きや再コーティングが必要

今回の方法で除去できない場合には、コンパウンド(研磨剤)やポリッシャー(研磨機)を利用して削り落とすしかありません。こうした作業には、専門的な技術が必要になります。

道具は市販のものが手に入りますが、かえってボディを痛めてしまうリスクがあります。また、コーティング車の場合には、コーティングも一緒に削り落としてしまいます。道具がない、研磨技術がないという方は、コーティングを施工した業者に相談してください。コーティングのメンテナンスメニューで汚れを除去できることがあります。

ぜひ、参考にしていただき愛車を綺麗にしましょう。

The following two tabs change content below.
鈑金事業本部

鈑金事業本部

鈑金のモドーリーは小キズ修理~事故修理まで行う鈑金専門店です。

平成9年1月6日に愛知県豊田市梅坪町の梅坪店を第一号店としてOPENし、年間生産2600台の鈑金塗装修理をしています。
下請け体質の強い鈑金業界から脱却し鈑金塗装工場から鈑金専門ショップとしてスタートいたしました。1号店であるモドーリー豊田梅坪店では鈑金塗装の「クォリティー」「サービス」「高生産」「清潔感」「安全・安心」を追求してきました。その結果、地域でも愛され現在では年間2600台の鈑金塗装修理をさせて頂いています。
鈑金のモドーリーは「車のキズ=心のキズ」をモットーにモドーリー1号店で培ったノウハウを全国に展開して2015年11月9日時点で全国に63店舗を展開しています。
鈑金のモドーリーは気軽に相談できる車の整形外科として、「安い」「速い」「安心」「便利」を特徴に営業しています。
愛車のキズ・ヘコミ、万一の事故でお困りの事があれば、鈑金のモドーリーにご相談ください。モドーリー事業本部にて教育された全国のモドーリースタッフがご満足と安心の対応をさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動