*

みなさん速度警告音ってご存知ですか?

みなさんこんにちは、鈑金のモドーリーの南です。

今回は、昔は有ったが、今は無くなった装備について調べてみました。

 

第一弾として「速度警告音」について調べました。

 

通称「キンコン」です。普通車では100km/h以上(105km/h)で、軽自動車では80km/h以上で「キンコン!キンコン!」鳴るようになっていた。

知らない方も多いでしょう。

特に50歳以上の免許保有者は高い確率で聞いたことがあるかもしれない。

実は車検でチェックされた項目のひとつでもありました。
装着の目的はもちろん、運転手へ速度オーバーを注意喚起する為の装置、

昭和の時代は時速100km/hが壁だったクルマがあり、横滑り防止装置といった安全装備もなかったために“警告“する意味はありました。

しかし、法律で義務付けられていた“キンコン“はいつの間にか消滅。昭和61年(1986年)に保安基準の項目から削除されたことで、自動車メーカーも装備することをやめました。もちろん車検でのチェックも廃止されました。
その背景には、時速100km/hが楽に出せるように自動車が高性能化したこと。また、もともと装備されていない輸入車では装着義務を強いられるなど、不合理として批判が高まったのも理由のひとつ。“キンコン“は日本独自のものであり、海外では逆に批判を受けた装備でもありました。
さらに、眠気を誘うためというのも理由として目にすることがあるが、実際に聞いたことがある身としては、逆にうるさくて目が覚めるものであったと記憶している。外圧によって廃止するというのが表立って言えないために、出てきた理由のような気がします、いずれにしても復活することは無いでしょうね。

The following two tabs change content below.
鈑金事業本部

鈑金事業本部

鈑金のモドーリーは小キズ修理~事故修理まで行う鈑金専門店です。

平成9年1月6日に愛知県豊田市梅坪町の梅坪店を第一号店としてOPENし、年間生産2600台の鈑金塗装修理をしています。
下請け体質の強い鈑金業界から脱却し鈑金塗装工場から鈑金専門ショップとしてスタートいたしました。1号店であるモドーリー豊田梅坪店では鈑金塗装の「クォリティー」「サービス」「高生産」「清潔感」「安全・安心」を追求してきました。その結果、地域でも愛され現在では年間2600台の鈑金塗装修理をさせて頂いています。
鈑金のモドーリーは「車のキズ=心のキズ」をモットーにモドーリー1号店で培ったノウハウを全国に展開して2015年11月9日時点で全国に63店舗を展開しています。
鈑金のモドーリーは気軽に相談できる車の整形外科として、「安い」「速い」「安心」「便利」を特徴に営業しています。
愛車のキズ・ヘコミ、万一の事故でお困りの事があれば、鈑金のモドーリーにご相談ください。モドーリー事業本部にて教育された全国のモドーリースタッフがご満足と安心の対応をさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
タイヤに必要な日常のチェックポイント(後編)

みなさん、こんにちは! 快適なカーライフをお過ごしですか? 安全運

ヘッドライトの使い分けしていますか?

みなさん、こんにちは!今回は車のヘッドライトについて少しお話ししていき

クルマの部品・スタビライザーの役割とは?

みなさん、こんにちは。スタビライザーという部品はご存知ですか?当店の車

パレットのオイル漏れ修理 (タペットカバーパッキン交換)

皆さん、こんにちは! 今回はオイル漏れがするとの事でお車を点検させて

ワイパーのビビリ音の原因と対策方法!

みなさんこんにちは! カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんの