*

みなさんご存知ですか?エアバッグの開く仕組み!

みなさんこんにちは!

鈑金のモドーリーの南です。 みなさん、エアバッグはどのような環境で開く(展開)かご存知でしょうか?前席のエアバッグは、標準装備されている安全装置のひとつですが、誤作動により事故以外の場面で開いてしまうことが過去に報告されています。エアバッグはどんな条件で開くのでしょうか。

今回はエアバッグについて調べてみました。

エアバッグが開く条件

運転席と助手席のエアバッグは、一般的にスピードが約30km/h以上で正面から衝突した場合や、衝撃角30°以内の強い衝撃を受けた場合に、フロント部分の数か所にあるクラッシュセンサーが感知して、開く仕組みとなっています。

エアバッグが開くために要する時間は、時速に換算すると100km/hから300km/h。ほんの一瞬で開きます。

ただし、エアバッグは完璧なものではありません。過去には事故が起きたのに開かなかった事例もいくつか報告されています。たとえば、低速運転での衝突、電柱や標識のポールなどがクラッシュセンサーからズレ、一部のみが衝突した事例、ガードレールや平面の壁に対して斜めの衝突、トラックなど大型車の下に潜り込むような衝突、側面や後方からの追突などです。エアバッグは、事故の際に100%開くものではないのです。

事故じゃ無いのに開くことも?

作動しないケースとは逆に、縁石や路肩に乗り上げた衝撃、脱輪の衝撃、段差からジャンプの衝撃など、車の損傷が少なくても、乗員に強い衝撃が感じられるようなときに、クラッシュセンサーが働いて、エアバッグが開いてしまうという事例も過去にはありました。
これらの事例は、クルマのマニュアルに注意事項として記載されているもので、メーカーとしても誤作動とは言えないのが実情とのこと。

ちなみに、エアバッグは一度開いてしまうと、ディーラーや専門業者に交換を依頼することになります。再利用は出来ません

エアバッグが誤作動した事例

過去、独立行政法人国民生活センターに寄せられた「エアバッグの誤作動被害」には、キャッツ・アイと呼ばれる道路上の突起物に車体の下部が擦れて作動、クラクションを鳴らそうとして作動、段差や接触など大した衝撃もないのに突然エアバッグが作動といった事例が報告されています。

これらは、すべて15年前(初期)の事例で、現在の新型車では、ほぼ発生しないように思われますが、古いクルマでは、エアバッグが開いてしまう可能性があることを知っておくと、いざというときに慌てずに良いかもしれません。

エアバッグは本来、衝突事故の際に開き、生存率を高める目的のものです。しかし、事故ではない場面で開いてしまい、思わぬ怪我や無駄な出費を招いてしまう可能性もゼロではないということを覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
鈑金事業本部

鈑金事業本部

鈑金のモドーリーは小キズ修理~事故修理まで行う鈑金専門店です。

平成9年1月6日に愛知県豊田市梅坪町の梅坪店を第一号店としてOPENし、年間生産2600台の鈑金塗装修理をしています。
下請け体質の強い鈑金業界から脱却し鈑金塗装工場から鈑金専門ショップとしてスタートいたしました。1号店であるモドーリー豊田梅坪店では鈑金塗装の「クォリティー」「サービス」「高生産」「清潔感」「安全・安心」を追求してきました。その結果、地域でも愛され現在では年間2600台の鈑金塗装修理をさせて頂いています。
鈑金のモドーリーは「車のキズ=心のキズ」をモットーにモドーリー1号店で培ったノウハウを全国に展開して2015年11月9日時点で全国に63店舗を展開しています。
鈑金のモドーリーは気軽に相談できる車の整形外科として、「安い」「速い」「安心」「便利」を特徴に営業しています。
愛車のキズ・ヘコミ、万一の事故でお困りの事があれば、鈑金のモドーリーにご相談ください。モドーリー事業本部にて教育された全国のモドーリースタッフがご満足と安心の対応をさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動