*

水性塗料を使用しています!

みなさん、こんにちは!

今回は愛知県岡崎市にあります、「鈑金コバック岡崎大樹寺店」にて使用しております

水性塗料の実演についてご紹介させて頂きますね!

 

まず水性塗料って何?と思われる方も多いと思いますが、今まで自動車補修に使われる

塗料のほとんどは「有機溶剤」(シンナー)を混ぜて塗料の粘度を調整しておりましたが

全世界で地球環境汚染問題が議論されていて、「VOC」(揮発性有機化合物)による

大気汚染等を抑制する為「VOC」の規制が厳しくなってきており、全国の自動車鈑金塗装の工場も環境汚染の「VOC」抑制に努めなければいけません。

 

ヨーロッパでは、2007年1月に法規制により溶剤型塗料の使用は禁止されております。

 

では早速実践開始です!

今回はパーツ塗装(レガシーのフロントバンパーとスポイラー)でやってみます

下の画像は塗装前の状態です

まず塗装は下の画像のスプレーガンを使用し塗布します

このスプレーガンも、水性塗料対応の物を使用しなければいけません

もし溶剤型の塗料と供用してしまうと、塗装トラブルの原因になります。

次に塗料乾燥用のドライヤーです

溶剤型はシンナーと混ぜ塗装しますので、塗装し、ほかっておいても勝手に

揮発し乾きますが、水性塗料は水と混ぜ合わせるので、専用のドライヤーがなければ

なかなか乾きません…」

水性塗料は温度よりも、湿度が重要になってきます。

湿度は30%~60%の間がベストと言われています

 

今回の湿度は45.4%でしたので、先ほどご紹介したエアドライアーがあれば

乾燥も早くできました。(塗装面積も小さかったので)

 

さて実際に塗装開始です

①ベースコート塗布

②ベースコート乾燥

③クリアー仕上げ

 

塗ってみると溶剤型とは、そんな変わりがないように思います。

でもやっぱりシンナーの臭いはしないので、なんか不思議な感じがしますね…

The following two tabs change content below.
豊田梅坪店車検のコバック
愛知県豊田市梅坪町で鈑金専門店『鈑金のモドーリー』として地域の方々を始め皆様に可愛がられてきましたが、この度『車検のコバック』と『鈑金のモドーリー』の複合店として新たに2015年9月25日OPENしたお店です。車検・鈑金(車のキズ修理)はもちろん自動車保険、一般修理、タイヤ、オイル、バッテリー、洗車等も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動