*

タイヤの製造年月日の確認の方法はご存知ですか?

こんにちは、豊明店の原です。

今回はタイヤの製造年月の確認方法についてご案内させていただきます。 (>∀<)b

タイヤの製造年月をどこで確認するのかご存知ですか?

タイヤの製造年月の確認方法はバッテリーの製造年月に比べてご存知の方も多いのではないでしょうかd(⌒o⌒)b

 

タイヤの製造年月は、タイヤの側面(サイドウォール)に記載されています(>∀<)b

どのメーカーも記載方法は同じなのですが、アルファベットが記載されていて惑わされます( ̄- ̄;)

ヨコハマタイヤ

X3916という数字。なんだこれ?って数字ですが これがタイヤの製造年月を示す数字です。

前のアルファベットはタイヤを製造した工場の識別だったりするらしいですので、タイヤの製造年月を確認するのはアルファベット以降の4ケタの数字になります。 数字を 2ケタずつに分けます。

3916 = 39  16 に分けまして、 前の39が週  後ろの16が西暦を表しています。

という事で 2016年の39週 9月26日から10月2日の間で製造されたタイヤという事になりますd(⌒o⌒)b

上のタイヤはヨコハマタイヤさんのタイヤですが、メーカーによって記載方法が異なるので紹介します。

 

ブリジストンタイヤ

こちらはブリジストンさん JMN4016

ファイヤーストーン

ファイヤーストーンさん JHD4715

トーヨー

トーヨーさん MAX0717

 

どうですか、メーカーによってアルファベットが違いますが、数字は4ケタの数字です。

ブリジストンさん JMN4016

          40 16 =2016年 40週 10月3日から10月9日の週

ファイヤーストーンさん JHD4715

          47 15 =2015年 47週 11月16日から11月22日の週

トーヨーさん MAX0717

          07 17 =2017年 07週 2月13日から2月19日の週

になります(>∀<)b

 

タイヤは摩耗以外に経年劣化によるひび割れなどの危険性もあります。あまり距離乗らないから大丈夫と古いタイヤを使い続けるのも注意が必要です。ご自身のタイヤがいつ作られたのか興味を持って頂けたら、是非一度確認して見てくださいねd(⌒o⌒)b

The following two tabs change content below.
豊明店車検のコバック
【命・お金・地球を守る】をコンセプトに当店は国産全メーカー、軽自動車から普通乗用車、RV・1BOXカーと様々な車種を取り扱い、お蔭様で年間約3,000台以上の車検を承っております。
【私たちの商品は満足感です!】を経営理念に1人でも多くの人々に必要とされるサービスを提供するために、車検だけではなく、予防整備・一般整備・タイヤ・バッテリー・エンジンオイル、自動車保険など、トータルカーライフをサポートさせて頂きます。

コメント

  1. イトウシュウケンと申します より:

    製造年月の表示 解りやすく説明感謝します、内容を参考に自分のタイヤ調べたのですが不明でした、
    トーヨータイヤ スタッドレス GARIT G4 MAXという表示されていたのが下記の表示でした、下記の内容で製造年月 解りますか 教えてください。
    MAX LOAD 650kg (1488LBS)
    AT300kg(44PS1) MAX.PRESS

    • お問い合わせありがとうございます。
      タイヤの製造年週ですが調べて頂いたものには
      該当するものがございませんでした。

      装着されたタイヤの外面に無い場合は内面に表示されている可能性があります。
      内面の表示を確認するのは大変になりますので
      4本全てのタイヤ外面の表示を確認して頂くと組み付けの方法によって
      外面に表示されている場合があります。
      4本全て外面に表示が無い場合は大変お手数ですが
      前輪のタイヤを左右どちらかに切って内面の表示を覗いて確認するか
      タイヤホイールをいったん取り外して内面の表示を確認する方法になってしまいます。

      大変お手数ではありますが
      ご参考にご確認をお願い致します。

  2. 京史郎 より:

    恐れ入りますが質問お願い致します タイヤの製造年月日が古いと なんぼ 新品で買ったとしても 値段は一緒の扱いになるのですか?それとも 中古扱いになるのですか?

    • この度は質問ありがとうございます。

      タイヤの製造年週によって値段が変わるのか?
      新品タイヤになるのか?中古タイヤになるか?は
      取り扱い店によって見解は異なってくるかと思います。

      タイヤの商品としての違いと値段についてまとめてみましたので
      様々な考え方がありますので参考にお願い致します。

      ■タイヤの違い(参考)
      ①新品タイヤ
      ・基本的にはまったく使用していない状態のタイヤ(製造から3年未満)

      ②未使用タイヤ
      ・まったく使用していない新品タイヤで製造年週が古いタイヤ(製造から3年以上経過)

      ③中古タイヤ
      ・1度でも使用しているタイヤ

      ■値段について(参考)
      ①新品タイヤ
      ・新品としての値段(4本セットやキャンペーンで値引き有り)

      ②未使用タイヤ
      ・保管状況や製造から3年以上経過していると販売店によって新品価格より更に値引きされるケースが多い

      ③中古タイヤ
      ・サイズ、溝、傷、ゴムの劣化状況などタイヤの価値によって値段が付けられます。

      上記のようにタイヤは大きく3つに分けられ
      値段も変わってきます。

      安全にまた安心してドライブできるよう
      タイヤについてご不明な点がありましたら
      お近くのコバック店までご相談をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動