*

絶対に間違えてはいけない、ガソリンと軽油の違いについて 

こんにちは、豊明店の原です。

 

今回は軽油とガソリンの違いについてお話させて頂きます (。ゝ∀・)b

先日、お客様に代車をお貸しする際に、代車のガソリンの給油について

説明をしていた所 「代車は軽自動車だから、ガソリンは軽油なんだよね」との質問 ドキッ∑( ̄Д ̄; )

実際に軽油を入れてエンジンが壊れてしまった事がありますが、それはセルフスタンドができた当初の頃で最近は無かったので記憶から消えてしまっていました  (`・д´・; )ゴクリ

 

では、早速

軽油の は軽自動車の軽ではありません ( ´・д・)エッ

ガソリンも軽油も元は同じ原油を蒸留(加熱)して作っています。

では何が違うのかといいますと、蒸留する際の温度が違います(。ゝ∀・)b

同じ原油から抽出するのですが、抽出する際の温度の差でガソリンと軽油の沸点が変わってきます。

  • ガソリンの沸点 30℃~220℃
  • 軽油の沸点 180℃~350℃

この事から、ガソリンは常温から燃える事が解りますが、軽油は高温でないと燃えない事が解りますよね。

 つ ま り

ガソリンエンジンの車に軽油を入れてしまうと、ガソリンのように軽油は燃えないからエンジンは動かないわけです、しかも一度エンジン全体に軽油が回ってしまうと、ガソリンを入れ直したら元に戻るわけではなく、いろいろな部品の交換や最悪の場合エンジン載せ替えが必要になる事もあります。

軽油とガソリンは同じ石油製品ではありますが、製法も特性も全く違います。間違ってもガソリンエンジンの車に軽油を入れてしまうとか、ディーゼル車にガソリンを入れてしまう事の無いように注意をしてください

はい!(≧∀≦)ゞ

The following two tabs change content below.
豊明店車検のコバック
【命・お金・地球を守る】をコンセプトに当店は国産全メーカー、軽自動車から普通乗用車、RV・1BOXカーと様々な車種を取り扱い、お蔭様で年間約3,000台以上の車検を承っております。
【私たちの商品は満足感です!】を経営理念に1人でも多くの人々に必要とされるサービスを提供するために、車検だけではなく、予防整備・一般整備・タイヤ・バッテリー・エンジンオイル、自動車保険など、トータルカーライフをサポートさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動