*

ご自身でタイヤ交換するときに注意すべき事!

みなさん、こんにちは!

 

11月に入り気温も下がり、すっかり冬らしくなってきましたね。地域によっては雪の降ったところもあるのでは?

 

この時期になるとスタッドレスタイヤに履き替える方も多いのではないでしょうか。

なかには、整備工場やカーショップに頼まず、ご自身で交換される方もいると思います。

 

そこで今回は、過去に経験のある方、今年チャレンジしてみよう! という方にご自身でタイヤ交換する時の注意点をいくつか紹介させて頂きます。

 

 

目次

  • ジャッキアップの注意点
  • タイヤを外す注意点
  • タイヤ交換後の注意点
  • おわりに

 

ジャッキアップの注意点

まずは作業する場所が大切です。 交換するためには、当然ながらタイヤを車両から脱着させるためジャッキなどで車を持ちあげる必要があります。

勾配のある場所だと、ジャッキアップの際に車両が動きジャッキが外れ、事故につながる恐れがあるため、平坦な場所を選びジャッキアップしましょう

また、ジャッキをかける場所も間違ってしまうと車両の損傷につながりかねません。

車それぞれに、ジャッキアップポイントがあるので確認してください。

 

 

タイヤを外す注意点

ホイールナットを外すときは、ジャッキアップしてタイヤが浮く前に、対角線上に反時計まわりに少し緩めてからジャッキで車両を持ちあげましょう。 あまり緩めすぎると、ホイールやボルトを傷めますので注意して下さい。

 

タイヤ交換後の注意点

取付けは、外す時の逆の手順でタイヤの浮いた状態である程度ナットを反時計まわりでしめて、ジャッキを外したあと最終的に規定トルクで締め付けします。

ただし、一般の方は締め付け力の分かる専用工具(トルクレンチ)を持っている方は少ないのでは・・・ その時は、車載のレンチや市販の十字レンチで思いっきり締める程度にして、整備工場などでトルクレンチを使用し規定の力で締めてもらう事をお勧めします。

 

締め付けの際、トルクレンチがない為に足で蹴飛ばしたりレンチを上から踏みつけたりなどして締めすぎによってボルトを傷めることもあるので注意しましょう

 

おわりに

いかがでしたか?

スタッドレスタイヤへの付け替えだけでなく、パンクした際のスペアタイヤへの交換も同様の作業となります。

興味のある方は、経験のある人について教えてもらいながら、この冬チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 ただし、くれぐれも安全確認は怠らないように!

 

それでは、また!

The following two tabs change content below.
豊田陣中店車検のコバック
私たち車検のコバック豊田陣中店はコバック発祥の店舗なんです!
昭和34年に小林モータースとして創業、平成2年に車検のコバックと社名変更し現在に至っております。
今では年間約7,000台という全国でもトップクラスの車検を行い、皆様に支えを頂いたお蔭だと感謝しております。
また、隣接する店舗にオイルコバックというエンジンオイル交換専門店も営業させて頂いておりますのでご気軽にご来店下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動