*

ご存知ですか? パンクした時の修理キットの使い方!

みなさん、こんにちは

最近の車は、スペアタイヤの代わりに修理キットが装備されている事が多いですがご存知ですか?

 

理由は様々で、スペアタイヤを装備しない事で、ラゲッジスペースの確保や軽量化、また多くの人が、廃車になるまで、ほとんど使用されずに廃棄される事から地球環境にもよくない等があげられます。

 

しかし、使い方が解らない、パンク時に困ったなどの質問をお受けします。

 

そこで、今回はパンク時に困らない様に修理キットの使い方についてご説明させて頂きます。

 

各メーカー、車種により保管場所など違いはありますが、今回はダイハツのミラ・イースを例にあげて紹介させて頂きます。

 

□修理キットの内容物

1. パンク応急修理剤

2. 注入ホース

3. エアー充填用コンプレッサー

4. バルブコア(ムシ)回し

5. 予備バルブコア(ムシ)

6. 速度制限シール

7. 取扱い説明書

008

□使用方法

1. パンク修理剤ボトルのキャップを外し、注入ホースを修理剤ボトルにねじこみます。

 

2. パンクしたタイヤのバルブから、バルブコア回しの後でバルブコア(ムシ)を押し、タイヤの空気を完全に抜いた後、バルブコア回しでバルブコア(ムシ)を取り外します。

   ※タイヤに空気が残っているとバスブコアを外す際、飛び出して紛失する事があるので注意して下さい。

012

 

3. 注入ホースの先端をタイヤのバルブに差し込み修理剤を逆さまにして、手で何回も

圧迫しながら修理剤をすべてタイヤ内に注入します。

注入し終わったら、バルブコアをタイヤバルブにしっかりと装着します。

013

 

4. コンプレッサーに格納されているホースと電源プラグを取り出します。

ホースをバルブにしっかりとねじ込み、電源プラグを車両のアクセサリーソケットに差し込んだ後、電源を“ACC”ばたは“ON”にします。

※指定空気圧を確認しておく!(運転席ドア開口部に記載されています)

014

 

5. コンプレッサーのスイッチを入れ、コンプレッサーの空気圧ゲージで確認しながら指定空気圧まで昇圧します。

※コンプレッサーを10分以上連続して使用し続けるとモーターが過熱し損傷する恐れがある為、注意が必要です。

 

6. 指定の空気圧まで充填できたら、10分間または5Km程度走行後、安全な場所で

停車しコンプレッサーを再度接続し空気圧をチェックして下さい。

異常がなければ、速度制限シールを運転者のよく見える所に貼り、スピードは出さ

ず最寄りの修理工場へ運んでください。

※修理後の空気圧点検で130kPa以下に低下していたら、修理剤による修理はできませんので走行を中止しロードサービス等に連絡が必要となります。

 

 

如何でしたか?  なかなか難しそうですね。

取扱い説明書をしっかり読んでいただければ大丈夫だと思います。

 

最後に修理剤を使用した時の注意事項をお伝えさせていただきますね。

 

使用方法の説明でもお伝えした様に、修理剤を全てタイヤに注入するためタイヤの内側に

ゴムの塊ができてしまいます。 その為、回転した際のバランスが非常に悪くなります。

修理剤をきれいにタイヤから剥離するのは困難な為、新品タイヤに交換する事をお勧めし

ます。

路面と接するトレッド部に刺さったクギやネジばどの軽度のパンクでの使用はできますが

タイヤサイド部分のカットによるパンクやバースト(破裂)では応急修理できない為ロー

ドサービス等を利用する以外、その場から移動もできません。

 

そう考えると、個人的には従来通りのスペアタイヤが車両に装備されている方が

うれしいかも。

 

 

The following two tabs change content below.
岡崎大樹寺店車検のコバック
現在、全国約450店舗以上の日本一の車検チェーン本部 株式会社コバックの直営店4号店として愛知県岡崎市に平成8年にOPENしました。
地域の方々に支えられ国内全メーカー、新車から20年以上経過した車両もご利用して頂き、車検では年間約4,000台のご利用を頂いております。
「命とお金と地球を守る」をコンセプトにご利用頂いた全てのお客様に出会いに感謝の気持ちをもってサービスを提供して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動