*

昨年使用したスタッドレスタイヤは大丈夫?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。

昨年使用したスタッドレスタイヤをお持ちの方、そのスタッドレスタイヤは今年もちゃんと使用する事ができそうですか?

購入してから何年も使用している場合や全く分からない方へ、スタッドレスタイヤが性能を発揮できるかどうかの目安がありますので、ご紹介させて頂きます。

 

目次

  • スタッドレスタイヤの寿命
  • 溝の深さ
  • 使用年数
  • ゴムの硬さ
  • まとめ

 

スタッドレスタイヤの寿命

スタッドレスタイヤはゴム製品ですので、経年劣化もあり当然寿命があります。

3年~4年が寿命と言われていますが、これは使用状況や保管方法によってもかなり変わってきしまいます。では、お持ち頂いているスタッドレスタイヤの使用の限界を見極めるには、3つのことを確認することが大切です。

 

①溝の深さ

②使用年数

③ゴムの硬さ

 

これらをクリアできて初めてスタッドレスタイヤの性能が確保されると言えます。

それぞれを詳しく説明させて頂きます。

 

溝の深さ

スタッドレスタイヤには、冬用のタイヤとして雪道や氷のはった道を走行できる溝の深さが定められています。その基準となるのは、新品時から見て溝の深さが50%のところになります。

 

タイヤにはプラットホームというその目安がわかるようになっている部分があるので、そちらを確認してみて下さい。

プラットホームはタイヤの接地面(トレッド面)にありますが、その位置はタイヤの横の部分(サイドウォール)を見るとわかるようになっています。

画像:タイヤ側面

 

この矢印の指し示す先の接地面にプラットホームがあります。

画像:プラットホーム

 

このプラットホームが露出して溝が50%以下になるとスタッドレスタイヤとしての性能が十分に引き出せなくなりますので、雪道や氷道などでは使用ができなくなります。

※プラットホームが露出した場合でも通常の乾いた路面や雨の日の濡れた路面で夏タイヤと同様に使う分には問題ありません。

(夏タイヤとしての使用限界は別途スリップサインを確認して下さい)

 

このようにプラットホームは定期的に露出していないかどうかを確認しましょう。

また、タイヤが偏摩耗してしまっているときには ローテーションをしてタイヤの装着位置を変えることでタイヤが長持ちします。

ローテーションについてはタイヤを装着してくれるお店に相談してみると良いでしょう。

 

使用年数

スタッドレスタイヤは氷上でも滑らないようにするため、氷の面にゴムが食い込むよう非常に柔らかい素材でできています。

新品時は最も柔らかい状態ですが、時間が経つと次第に固くなっていってしまいます。

タイヤの原料はゴムですので、輪ゴムのようにだんだんと硬化して最後にはヒビが入ってしまうということです。

そうすると、スタッドレスタイヤが製造されてからどの程度時間が経っているかというのが使用期限目安となります。

タイヤの製造時期は下の画像のようにタイヤの横の部分(サイドウォール)に刻印されています。

画像:製造年月日

 

この刻印を「セリアル」と呼び、4桁の数字の部分が製造の時期を表します。

 

前半2桁が製造された週数、後半2桁が製造された年を指します。

こちらの場合は2018年の33週目に製造されたタイヤだということですね。

32週目というとおそらく8月ごろになります。

 

スタッドレスタイヤの使用期間の目安はおよそ3~4年程度と言われます。

これ以内であればほとんどの場合で問題なく使えるはずです。

 

ただし、保管状態によって一概には言えません!

 

スタッドレスタイヤは装着時や履いていない間の保管状態によっても固くなったりひび割れたりする劣化速度が変わります。

特に直射日光に当たってしまう保管方法、雨ざらしの保管の場合は早めに劣化してしまうので注意が必要です。

溝が多く残っていても、ゴムが固くなりシワやひび割れが目立つタイヤはそれだけで走行時の危険性が高くなります。

 

ゴムの硬さ

上記お話ししたようにスタッドレスタイヤは経年劣化をしていくものです。

その目安は3~4年程度ですが、保管状態によって品質の持続にはばらつきがあります。

 

そこで、ゴムがどれくらい硬化してしまっているかを実際に測る方法があります。

 

この様なタイヤの硬さを測る硬度計があります。

画像:タイヤ硬度計

 

この測定器を利用すればゴムの硬さがどれくらいか確認ができます。

交換すべきタイミングもわかりやすいので心配な方は一度、販売店に行ってみることをオススメします。同時に摩耗状態やひび割れ、傷などのチェックもしてくれると思います。

 

まとめ

スタッドレスタイヤの寿命、点検方法についてお話しさせて頂きましたが、スタッドレスタイヤは厳しい状況でも安全にお車を走行させるために装着するもので、安全の確保には日頃の点検・管理が大切です

どうしても面倒に思いがちですが、お車に安心して乗るために必ず実施することをおすすめいたします。

また、点検などは当店でも もちろん できますので、

是非、お問い合わせ、またはご来店下さい!!

The following two tabs change content below.
豊田若林店車検のコバック
車検のコバック豊田若林店は、平成6年12月に初めての多店舗展開の店として愛知県豊田市若林東町にOPENし今では年間約3,000台以上もの車検でご利用頂いております。
現在、自動車整備工場はコンビニの約2倍あると言われている中から車検のコバックをご利用頂き大変感謝しております!
お客様に満足して頂く事を常に考え、車検はもちろん、鈑金、保険、一般修理など車の事なら何でもご相談下さい。
豊田若林店車検のコバック

最新記事 by 豊田若林店車検のコバック (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
S660バンパー修理事例

みなさんこんにちは。 本日は鈑金のモドーリー梅坪店がお送りします。

ヴォクシー左側面修理事例

みなさんこんにちは。 本日は鈑金のモドーリー豊田梅坪店からお送りしま

浸水・冠水でクルマが流される!?知らないといけない大事な対策とは!!

みなさん、こんにちは! クルマが浸水・冠水で流される可能性があるのは

ルミオンのドアミラー交換

皆さん、こんにちは! 今回はカローラルミオンのドアミラーを交換しまし

昨年使用したスタッドレスタイヤは大丈夫?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 昨年使用し