*

ご存知ですか? アメリカ大統領専用車のすごい装備!

みなさん、こんにちは!

 

先日、アメリカ大統領のトランプ氏が来日され、大好きなゴルフをプレイしたり、大相撲を観戦したりと、日本から最大級のおもてなしを受けられましたね。

 

アメリカ大統領が外遊など移動の際、使用されるのが大統領専用機 通称「エアフォース・ワン」。ハリソン・フォード主演で映画にもなり有名ですよね。

他にも、今回、日本にも持ち込まれた、専用ヘリ 通称「マリーン・ワン」などあります。

 

もちろん、飛行機だけでなく地上を安全に移動するための大統領専用車両も存在し、通称「キャデラック・ワン」といわれ、動く要塞・シェルターのような装備から、別名「ビースト」とも呼ばれています。

 

そこで今回は、この大統領専用車両「キャデラック・ワン」「ビースト」について紹介させていただきます。

 

目次

  • どんな装備があるの?
  • おわりに

 

どんな装備があるの?

まずは、危険なテロや暗殺から身を守るため、徹底した安全対策が施されています。

・ドアの厚さは8インチ(約20cm)、窓の厚さ5インチ(約12.7cm)

・生物兵器やバイオテロ対策として、キャビンは完全密閉

・燃料タンクも特殊に密封されているため、直接銃撃されても爆発しない

・夜間視界カメラと催涙ガス砲が車両前部に隠されている

・アンチパンクタイヤは当然だが、万が一でもホイールリムだけで約100Km走行可能

・車両下部も耐爆処理が施されている

・消防設備、酸素供給、大統領と同じ血液型の血液が格納されている

 

などなど・・・・ セキュリティーの観点から全てが公になっていないので、他にも驚くべき装備があるかもしれません。

 

おわりに

これだけの装備ですから、重量もとても重く約8tあるといわれています。

燃費はとても悪いでしょうね・・・

 

テロや暗殺のリスクを分散するため、「エアフォース・ワン」「マリーン・ワン」「ビースト」どれも複数存在してるそうです

そうする事によって、大統領がどの車両や機体に搭乗しているか分からなくするためです。

 

いかがでしたか?

ニュースなどで車両を見る機会があれば、注意してみるとドアの厚さなどは分かるので気になる方はみてくださいね。

 

それでは、また

The following two tabs change content below.
豊田陣中店車検のコバック
私たち車検のコバック豊田陣中店はコバック発祥の店舗なんです!
昭和34年に小林モータースとして創業、平成2年に車検のコバックと社名変更し現在に至っております。
今では年間約7,000台という全国でもトップクラスの車検を行い、皆様に支えを頂いたお蔭だと感謝しております。
また、隣接する店舗にオイルコバックというエンジンオイル交換専門店も営業させて頂いておりますのでご気軽にご来店下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動