*

新品のスタッドレスタイヤを履いたらやっておくべき事は?

みなさんこんにちは、鈑金のモドーリーの南です。

今回は新品のスタッドレスタイヤ履いた時にやっておくべき事を調べてみました。

クルマの冬支度のひとつが、スタッドレスへの履き替えだ。最新モデルの新品にしたときは、気持ちいいものですね。交換すればそれでOKというわけではないのです。性能を100%発揮させるポイントがあります。

まずは慣らし、スタッドレスに限らずタイヤすべてに言えることだが、タイヤは慣らしが必要なのですが特別なことは必要ない、段差などの急激な入力は避け、少し控えめに走る程度で十分です。

タイヤの慣らしというと皮むきというイメージかもしれませんが、実際はそれ以外にも内部の繊維や、ゴムに含まれるオイルを馴染ませる効果もあります。プロに聞くと、やるとやらないとでは劇的な差ではないものの乗り心地や持ち、そしてスタッドレスの場合は効果にも微妙に違いが出るとのこと。

次にドライバーの慣れも重要なポイントです。スタッドレスならではの事前準備として、効きの確認がある。まずは高速道路やウエット路面でのフィーリング。夏タイヤに近い性能が最近は確保されているとはいえ違う所もあるので、その「クセ」を確認するのは重要です。

さらに雪道初走行時にはいきなり走り出すのではなく、まず他車がいない安全な場所で、ゆっくりとアクセルを踏んでグリップを確認しよう。その次にブレーキをかけてみて、どれぐらいの制動力が出るのかを見る。それまで履いていたスタッドレスとの違いを念頭に置く事が大事ですね。

スタッドレスはどんなに性能が向上してもアスファルト面で走る夏タイヤにはかなわないだけに、なにも確認しないでその違いに慌てるのではなく、事前に体感しておくことが大切です。慣らしというと製品そのものを馴染ませるイメージがあるが、乗り手の慣れというのも大切ですね。

The following two tabs change content below.
鈑金事業本部

鈑金事業本部

鈑金のモドーリーは小キズ修理~事故修理まで行う鈑金専門店です。

平成9年1月6日に愛知県豊田市梅坪町の梅坪店を第一号店としてOPENし、年間生産2600台の鈑金塗装修理をしています。
下請け体質の強い鈑金業界から脱却し鈑金塗装工場から鈑金専門ショップとしてスタートいたしました。1号店であるモドーリー豊田梅坪店では鈑金塗装の「クォリティー」「サービス」「高生産」「清潔感」「安全・安心」を追求してきました。その結果、地域でも愛され現在では年間2600台の鈑金塗装修理をさせて頂いています。
鈑金のモドーリーは「車のキズ=心のキズ」をモットーにモドーリー1号店で培ったノウハウを全国に展開して2015年11月9日時点で全国に63店舗を展開しています。
鈑金のモドーリーは気軽に相談できる車の整形外科として、「安い」「速い」「安心」「便利」を特徴に営業しています。
愛車のキズ・ヘコミ、万一の事故でお困りの事があれば、鈑金のモドーリーにご相談ください。モドーリー事業本部にて教育された全国のモドーリースタッフがご満足と安心の対応をさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
冬場の洗車ココに注意!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは冬の洗

走行中のルームランプ使用は危険!!

みなさん、こんにちは! 車のルームランプ。夜の車内には必要な照明です

契約者を変えても等級の引継ぎは出来るの?!

こんにちは☆*´∀`)ノ ご覧頂きまして、ありがとうございます。

クラウンのスターターモーター交換

皆さん、こんにちは! 今回はクラウンのエンジンがかからない事が時々あ

クラクション(ホーン)の正しい使い方

みなさん、こんにちは! 車に備わっているクラクション、皆さんどのよう