*

排気量以上のパワーを得られる、エンジン過給機とは?(ターボチャージャー)

みなさん、こんにちは!

 

エンジンは「吸入→圧縮→燃焼→排気」を繰り返し、シリンダー内で爆発(燃焼)を繰り返しています。 よってシリンダーの容量、個数が多ければ、より大きなパワーを得られます。 いわゆる大排気量車です。

したがって、大きなパワーを得るためには燃焼(爆発)するため多くの空気をシリンダー内へ供給する必要があり、過給機とは同じ排気量のエンジンでも、よりたくさんの空気をエンジンに供給できる装置です。

 

そこで今回は、過有機の代表でもある『ターボチャージャー』について紹介させていただきます。

 

目次

  • 自然吸気エンジン
  • ターボチャージャーエンジン
  • おわりに

 

自然吸気エンジン

過給機の装着されていない、一般的なエンジンを自然吸気エンジンといい、カー雑誌などで見かけますが「NA」とも呼ばれています。

過給機エンジンに比べ、構造がシンプルで軽量なため、低燃費・低排出ガスの面で優れています。

自然吸気エンジンでありながら、高出力(パワー)を得る為、可変バルブタイミング機構を採用するメーカーもあり、代表的なのが「ホンダ・VTEC」・「トヨタ・VVT-i」等が有名です。

 

ターボチャージャーエンジン

自然吸気に比べ、より多くの空気を送り込むことが可能なのが「ターボチャージャー」です。 仕組みはガソリンにより燃焼して出た排気ガスをマフラーから排出せず、タービンと言われる羽根に送りこみ、この排気ガスをうけコンプレッサーによって圧縮された空気を再びエンジン内に供給し、自然吸気よりも大きな爆発を行なえてパワーを得られます。

したがって、スポーツカーと言われる車種に採用される事が多いです。

 

ちなみに、街中でもボンネットにエアーを取り入れるダクト(穴)が開いている車を見かけますよね?

空気は圧縮されると、高温になり「インタークーラー」と言われる冷却装置で冷やしてあげる必要があり、そのインタークーラー自体を冷却するためエアーインテークが設けられています。 身近なところでは、スバルのレガシーやインプレッサなどよく見かけますね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

小さな排気量でも、より大きなパワーが得られるターボですが、その分、燃費は・・・(汗)

 

過給機にはターボ以外にもあり、次回はそちらを紹介させていただきます。

 

それでは、また!

The following two tabs change content below.
豊田陣中店車検のコバック
私たち車検のコバック豊田陣中店はコバック発祥の店舗なんです!
昭和34年に小林モータースとして創業、平成2年に車検のコバックと社名変更し現在に至っております。
今では年間約7,000台という全国でもトップクラスの車検を行い、皆様に支えを頂いたお蔭だと感謝しております。
また、隣接する店舗にオイルコバックというエンジンオイル交換専門店も営業させて頂いておりますのでご気軽にご来店下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動