*

カルディナのディスクローター交換

皆さん、こんにちは!

今回はブレーキを踏むとゴーゴー音がするとの事で点検させていただきました。

やはりブレーキパッドが完全に消耗してしまい、ディスクローターを傷付けてしまっていました。このままではきちんとしたブレーキの制動力が出なかったりディスクローターが割れてしまったりなどの危険なトラブルになるのでブレーキパッドとディスクローターを交換しました。

 

目次

  • ブレーキパッドの取り外し
  • ディスクローターの取り外し
  • 新品のパッド、ローターの組み付け
  • おわりに

 

ブレーキパッドの取り外し

まずはブレーキパッドを取り外すためにブレーキキャリパーを外します。

今回はディスクローターの交換があるのでキャリパーのスライドピンではなくブラケットのボルトを外してキャリパーとブラケットを一緒にはずします。ブラケットからブレーキパッドを取り外すとパッドの摩擦材が無くなって土台の金属がむき出しになってしまっていました。これではパッドの土台でディスクローターを傷つけてしまいます。

 

ディスクローターの取り外し

次にディスクローターを取り外します。

このタイプはボルトなどでは止まっていません。ローターの内側にあるハブのセンターとローターの中心の穴がピッタリはまって中心が出る構造です。そのまま外れるはずですが、ほとんどがハブの錆などで張り付いてしまっています。ハブボルトの近くにある小さな穴にはネジ山があるので12㎜のボルトを少しずつ締め込んでいくと外れます。

 

新品のパッド、ローターの組み付け

新品のローターには防錆加工が施されでいます。今回は錆止めの塗装がされているタイプでした。塗装面が完全に無くなるまではブレーキペダルの踏み応えが悪く感じられるので、塗装をサンドペーパーなどで磨きます。これで早くローターの表面がきれいになります。ブレーキパッドは通常通りパッドとシムの間にディスクブレーキグリスを塗って組付けます。ブレーキは止まるための重要な部分なので最後に必ず試運転をして異音はないか、ペダル操作に違和感がないか、制動距離は大丈夫かなどをチェックします。

 

おわりに

今回はブレーキパッドが無くなってもそのまま走行してしまったのでローターに傷がついて交換になりました。ブレーキが効かなくなって事故につながらなくて本当によかったです。費用も通常のブレーキパッド交換の3倍くらいになってしまいました。12ヶ月点検などで定期的な点検と適切な交換で安全、安心のドライブをしましょう。

The following two tabs change content below.
豊田梅坪店車検のコバック
愛知県豊田市梅坪町で鈑金専門店『鈑金のモドーリー』として地域の方々を始め皆様に可愛がられてきましたが、この度『車検のコバック』と『鈑金のモドーリー』の複合店として新たに2015年9月25日OPENしたお店です。車検・鈑金(車のキズ修理)はもちろん自動車保険、一般修理、タイヤ、オイル、バッテリー、洗車等も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ad

ad

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
車検時に下回りの錆止め塗装は必要?

みなさん、こんにちは!カーライフアドバイザーの中居です。 みなさんは

今後 増えていく電気自動車!走行途中に電池切れをおこしたら・・・?

みなさん、こんにちは!   今、自動車業界は100年に1

バンパー修理方法のご紹介!その①

みなさん、こんにちは!   まずはこちらの写真をご覧くだ

愛車のこんな異変に気づいたら!

みなさん、こんにちは。カーライフアドバイザーの朝倉です。皆さんは車に乗

自動車のガラスの種類と特徴

みなさんこんにちは!今回は自動車のガラスについてのお話です。 昔の自動